自毛植毛の失敗を避ける為に費用ではなく実績で病院を選びましょう

自毛植毛はAGAの治療方法として大変有効な対策の一つです

自毛植毛によって得られる効果は幾つかあります。自毛なので拒絶反応がないこと、自然な仕上がりになるということ、個人差はあまりなく発毛力にあまり関係しない、などです。

ただデメリットも多くあります。髪の毛にはヘアサイクルがあり、結局髪の毛は抜けます。また費用が高い割には髪型が制限される、などです。

このメリットデメリットを見極めて、選択することが大事です。

ここでなぜ抜け毛になるのか、その原因を解明していこうと思います。原因がわかれば、それに対して改善するアプローチが出来るので、理解することは大事です。

まず抜け毛の原因は、頭皮環境の不衛生、栄養不足、男性ホルモン、遺伝というものがあります。ここで知っておくべきことは、遺伝で髪の毛が薄くなるということは決定していません。遺伝により髪の毛が薄くなりやすい体質になるということはありえます。ですので、日々のケアが重要になってくるということです。

そしてAGA対策を考えると2つにアプローチがあります。それは「発毛」と「育毛」です。そしてより効果的なアプローチは「育毛」と言われています。なぜかというと髪が薄い人は、髪が「生えない」わけではなく、髪が「育つ前に抜ける」傾向にあるからです。

いくら髪の毛が薄い人がいたとしても、よく前頭部や後頭部を見てみると、細かい産毛が生えています。この産毛がヘアサイクルの成長期を経て太い毛になっていくのです。

世の中で流行っているミノキシジルの入った育毛剤は、「発毛」を促すものと成っています。厚生労働省が認めている成分ですので、一定の効果がありますが、副作用があるにで人体には悪影響です。

次にお医者さんが処方するプロペシアという成分があります。これは男性ホルモンを抑え、脱毛の原因のジヒドロテストロンの発生を抑制することができます。ただこちらも服用によりEDになる可能性があります。

植毛は副作用があまりないと言われていますが、費用はかなりかかります。

まず植毛したとしても頭皮環境が悪ければ抜け毛が進みます。これは粗悪なシャンプーにより頭皮が傷つけられたり、コンディショナーやトリートメントの洗い残しが原因です。良質なシャンプーやコンディショナーに変えましょう。

そして栄養不足だった場合、毛根に栄養がいかずに、髪の毛を作る材料が足りない状態になります。材料が足りないのにタンパク質を製造することはできません。髪の毛は皮膚や爪と同じくアミノ酸で出来ています。そして身体中に栄養が使われた後最後に回されるのが、皮膚や爪や髪の毛です。栄養成分はしっかり体内に摂取することが大事です。

そして男性ホルモンが原因の場合があります。詳細に説明すると、毛穴の中にジヒドロテストロンという脱毛を促進する物質が作られることで脱毛していきます。このジヒドロテストロンは男性ホルモンと5αリダクターゼⅡという酵素が反応することで生成されます。

円形脱毛症の人は、後頭部の毛穴に5αリダクターゼⅡという酵素が多く存在します。前頭から薄くなっていく人も同様に5αリダクターゼⅡが存在するからです。ちなみに「5αリダクターゼⅠ」(5αリダクターゼⅡとは似て非なるもの)は側頭部に多く存在し、これは脱毛を促進しません。ですので、前頭や後頭部から薄くなる人が多く、側頭部から薄くなる人は少ないのです。

この男性ホルモン、もしくは5αリダクターゼⅡをどうにか少なくしなければ、脱毛する頭を改善することはできません。

以上からただ植毛したとしても、血行不良、頭皮環境、栄養不足、男性ホルモン、5αリダクターゼⅡを改善しなければ根本的な薄毛の解決にはなりません。

また、髪の毛にはヘアサイクルがあります。人によって個人差はありますが、3年〜5年が周期と言われています。そしてヘアサイクルにはステージがあり、3年〜5年が成長期、その後3週間の退行期を経て髪が抜け、そして3ヶ月ほど毛が生えない休止期を迎えます。そして休止期をすぎるとまた産毛が生えてきて成長期に入ります。

髪の毛が薄い人は、このヘアサイクルが正常ではありません。産毛が生えてきてそれが成長していく期間に、上記の何かが原因で髪の毛が抜けると、毛根は休止期にはいります。そして休止期を経てまた成長しかけている毛が細い状態で抜けます。これを繰り返すとどんどん毛量が減っていきます。

薄毛の人によくある症状として、毛が細い状態で抜けるというものがあります。お風呂場の排水溝に溜まった毛を確認したり、朝起きた時に枕についた毛を確認するとどんな状態で毛が抜けているのか分かります。

つまり植毛をしたとしても、ヘアサイクルを考えると、いつか必ず抜けます。伸び続ける毛はありません。ですから多額の費用を払って自毛植毛を行ったとしても、持続効果は長くて5年であり、他の原因で髪の毛が抜けてしまえばそこでおしまいです。

自毛植毛が効果がないとは言い切りませんが、根本的な解決を考えた時に、根本を治すアプローチではないことがわかります。

植毛後、髪の毛が半永久的に生える?自毛植毛をすることで得られる最大のメリット

髪の毛を手っ取り早く、そして迅速に増やすなら、植毛がいちばんです。とはいえ、植毛といっても最近増えてきているのが自毛植毛です。これまでは人工毛を移植するという方法が一般的だったので、植毛といえば人工毛をイメージする人もまだまだ多いでしょう。ですから移植に成功してフサフサの髪の毛を手に入れたとしても、その後のメンテナンスが面倒くさそうだと思っている場合もあるでしょう。
しかし自毛植毛の場合には、人工毛ではなく、自分自身の健康的な頭皮を薄毛が気になっている部分に移植していくという方法になります。ですから生きている毛根をそのまま髪の毛がほしい場所へ移せるため、その場所で定着させれば健康的なヘアサイクルが生まれ、今まで薄かった部分もその後は永久的に髪の毛が生え続けるのです。

でも、遺伝などといった体質のことなどを考えると、またすぐに薄毛になってしまうのではないかという不安もあるかもしれません。しかしたとえばオデコが広くなってきたというお悩みを持っている人でも、ほとんどの方は側頭部の部分の髪の毛は健康的に密度も高く生えているはずです。自毛植毛では、このように抜けにくい場所に生えている健康的な髪の毛を切り取り、移植していくので、力強くその場所で生え続けてくれます。もちろん、生きていれば髪の毛が抜けることは不自然なことではありません。抜けて、そして生え変わってを繰り返していくのが健康的なヘアサイクルですからそこは過度な心配をしなくても大丈夫といえます。

人工毛の移植とちがってメンテナンスが必要ないというのはこのためで、いわば自分自身のチカラで勝手にメンテナンスが繰り返されていくという状況になります。もちろんこれが人工毛だったら、いわば死んだニセモノの髪の毛を植え付けただけなので、当然切れたりすればまた伸びることもなく、見た目に自然な髪の毛を維持するためには長い間メンテナンスに通い続けなくてはなりません。

では、手術のあとのメンテナンスもいらない自毛植毛にデメリットはなのか、と言われると、あえて挙げればメスをつかった手術が必要となるため、傷跡が残るというくらいです。また、広い範囲にわたって薄毛になっているので何株も移植したいという場合には、いちどの手術では実現できず、数回にわたって手術を受けなければならないこともあります。

ただし、自毛植毛にもいろいろな種類があり、FUT法という方法は毛包ごとに頭皮から切り取っていくのでメスを使いますが、メスを使わず切らないでできるFUE法という方法もあります。こちらの場合ならもちろん傷跡の心配もいりません。

それにメスを使うとしても、もともとわかりづらい側頭部からの採取になり目立ちませんし、手術を受けた後3か月ほどで産毛が新しく生えてきて成長し、それが抜けても、切れても自然なヘアサイクルのもとで生え続ける自毛植毛はとてもメリットが大きいといえるでしょう。



このページの先頭へ